2011年4月13日

LIVE-GYM 2011

今年は、秋~冬のツアーか。

BIG MACHINEの時の、寒いYahooドームを思い出す。

年々、チケ代が高くなってる気がする。

マリンメッセと、Yahooドームとりあえず両方行くか。

一人になったことだし、お金貯めとこう。

2011年4月12日

さよなら傷だらけの日々よ

Amazonから届いた。

年々歌い辛くなってる気がする(カラオケで)。

特に、2nd Beatが。

ほんとに、傷だらけの日々からさよならしたい。


現在、放送中のガチマッチ。

モンキッキー&山川恵里佳夫妻が出てる。

山川恵里佳かわい過ぎるわ。

全然興味なかったけど、ちょっと似てるって思った。

(広末+山川)/2って感じか。


しつこいな俺。


こんな奥さんだったら、死ぬまで働き蜂でも構わない。

2011年4月 4日

終了

まさか4月1日の日記後、彼女と別れるとは思ってなかった。

フラレた。

終わった。

もう駄目だ・・・

2011年4月 1日

エイプリルフール

数か月ぶりに、日記でも書いてみようかと。

最後の更新は、去年の夏。

それ以降、何をしてたのか。


4月に知り合った人と、秋の初めから付き合い始めた。

お互いの誕生日だとか、クリスマスが過ぎても、なんか微妙な関係だった。

最初の付き合いのスタートからして、こちら側からの好意だけで、
彼女は、直感で付き合ってみようという程度で。
もちろん、ラブラブという状況とは程遠い。

付き合い始めてすぐに彼女の身の回りで、
不幸事や、仕事が忙しくなったりして、会えない時期も結構あったりして。

そんなことを踏まえても、なんか微妙な関係。

メールを出しても、3日後に返信が来るペース。

下手すりゃ1週間来なかったことも。

年末に話し合ってみた。

二人の現状と、今後について。


まだ前の人が引っかかってるらしい。

前の人とは、彼女に言い寄っていた男。

もちろん男についての詳しい話も聞いたが、ここでは省略する。

それが、4月の話。

俺と初めて会った数日後。

そんなことがあって、9ヶ月会ってない男に、負ける今カレの俺。

怒りというより、自分の無力さを痛感。

虚しかった。

結局そうゆうことかと。

その話し合いから、約3ヶ月。

話し合い後こそ、1日1通とはいえ毎日メールが来てたが、
今は、また元の状態。

まったく進展しないこの関係。

淡白な彼女との付き合いは、どうなっていくのか。

俺のモチベーションは、いつまで続くのか。

2010年7月 2日

波動

ソロアルバム発売決定。

8月。

オフィシャルサイトで見る前に、Amazonで見つけたんで予約した。

特典DVDがあることは知ってたけど、内容は知らなかった。

オフィシャルHP見ると、ソロのPVらしい。

ショートPVが入ってないのが残念。

2010年6月24日

Okay

Amazonから届いた。

DVDはなかなか良いね。

曲調も落ち着いた感じで好き。


Okayと同時に、Takのアルバムも開封した。

発売日の数日後に届いていたが、今まで未開封。


Walkmanに転送する暇もない。

カーナビに転送する暇もない。

忙しくて余裕がない。

2010年6月 9日

6/9の日

オリコンが実施した「後世に残したい日本のロックバンド」というアンケート調査の結果が発表されています。それによると、1位は「B'z」だそうです。
1位 B'z 2位 BOΦWY 3位 X JAPAN 4位 Mr.Children 5位 サザンオールスターズ 6位 L'Arc~en~Ciel 7位 RCサクセション 8位 GLAY 9位 THE YELLOW MONKEY 10位 THEE MICHELLE GUN ELEPHANT 10位 BUMP OF CHICKEN

RCサクセション以外は、どれもリアルタイムで聴いる。

B'zの1位は、嬉しいが、まわりで聴いてるって人、全然いないなー。

みんな言わないだけなのかね。

2010年6月 8日

イナsolo

そういえば、当選してた。

イナソロ。

めんどくさいんで、1枚しか申し込まなかった。

一枚なんで、SS席いけるやろとか思ってたけど、やっぱダメ。

S席に振り返られてた。

ま、いっか。

ナンシー

20100606-image.jpg

Doris&Orega Collection Vol.5

「ナンシー」

作:金子茂樹

演出:山田和也

出演:西村雅彦、飯島直子、長谷川朝晴、本多力(ヨーロッパ企画)、
   岩佐真悠子、安田顕(TEAM NACS)、デビット伊東

«story» とある田舎の銀行で起きた人質立てこもり事件。 警察が現場に到着したとき既になんと事件は解決していた。 しかし、それ以上に面倒で厄介な"事件"が銀行内では起こっていた。 警察、人質、そして犯人...... 彼らは無事に"事件"を解決し、銀行から出ることが出来るのか? そして驚愕のラストがこの小さな銀行に奇跡を起こす......

日曜日に観てきた。

北九州芸術劇場。

あそこの駐車場って、入るまでに毎回渋滞するね。

演劇があるからか!?


今回、初めての端っこ席。

観やすい。席も広く使えてラッキー。

自分の結婚のために、問題を長引かせる女。

なんてやつだと思ってたけど、それがないと、

あの面白いストーリーが始まらないわけで。

途中で、弁護士が強盗の弁護し始めた時は、

「12人の優しい日本人」の流れかと思ったが、結局別の方向へ。

あれって、最後は全員罰せられるんじゃないのかな?

その方が、ナンシーの件が公になって良いのかも知れないが。

2010年5月28日

TAK solo

そういえば。

TAKのソロあるね。

申し込み忘れたんだよねー。

1万越えかー、たけーなとか思ってたら、

いつのまにか。


どうしようかな。

一般ってあるよね。

もう発売してんのか?

いやー、悩む。


CDは買うけど。

Archives